大学受験のデメリット

| トラックバック(0)
大学受験のデメリットをあげるなら、不合格になった場合後がないということでしょう。
これは高校受験にも当てはまることですが、大学受験に失敗した場合浪人という選択肢か、就職して働く事を選ぶ人もいます。

ただし就職をする場合は、大学受験が終わるころには既に内定をもらっている人も多いので、遅れてのスタートになります。
進学を希望していた人にとっては、突然道が途絶え働かざるを得なくなるので、就職先も適当に決めてしまい結局辞めてしまう人もいます。

浪人という道を選ぶこともできますが、更に1年追加になるので経済的な援助も必要ですね。
実家から経済的な援助を受けられる人はいいのですが、それができない場合は学校とアルバイトを両立させなければいけないので、体力的にも精神的にも大きな負担がかかります。

実際に浪人しても翌年合格出来る人もいますが、2年目に合格するという保証はありません。
ここは家庭の事情などもありますが、精神的な負担はデメリットになってしまうかもしれません。

詳細は→合格祈願に詳しく紹介中!

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、shira02が2013年12月 6日 10:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「急な冠婚葬祭でお金が必要になってキャッシングを利用した古橋(仮名)さんの体験談」です。

次のブログ記事は「顔の産毛の処理は、どのようにしていますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30