急な冠婚葬祭でお金が必要になってキャッシングを利用した古橋(仮名)さんの体験談

| トラックバック(0)
20代の正社員をしています、男性です。キャッシング利用をして、葬式に参列するための費用にしました。冠婚葬祭でも結婚式などは事前に準備ができますが、葬式はできません。本当に急に訪れることを実感しました。私の場合は、直属の職場の上司が亡くなり参列することになったのですが、お葬式用のスーツ、参列代などを準備するために10万円を銀行と消費者金融でキャッシングをしました。 それまで、学生の時は学生服を着て葬儀に参列していたので葬式用のスーツは持っていなく、20代で貯金もなくて、全くの不準備でした。ですがお世話になった上司なので、急な死に驚きましたが参列したいとキャッシングしてでもかけつけることにしました。通夜がその日にあったのですが、申込みをして手続きも早くしてもらえたので、スーツも購入でき、きちんと送ることができました。キャッシングがなかったら参列できていないことを考えると、利用することができてよかったように思います。 専業主婦でも借りられるカードローンについての専門サイト!専業主婦でも借りられるカードローンGOをチェック

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、shira02が2013年11月 7日 14:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うーん、プロの鑑!」です。

次のブログ記事は「大学受験のデメリット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30